<秘密保護法案>11/29:国会で質問権の侵害―福島みずほ(社民)の質疑に<菅官房長官不在>

13/11/30|安心・安全・信頼を探して(電磁波問題)さんより

菅官房長官、福島みずほ(社民)の質疑にとんずら。憲法違反の疑い



(YouTubeから)

国会で質問権の侵害が起きていました!

画像

<福島みずほ氏>

「本当に残念です。

官房長官が、なぜ(わたくしが)要求大臣として要求しているのに、なぜこの場にいないのか。

特定秘密保護法案について、きちっと見解をお聞きしたいと思いましたが、

(官房長官が)いらっしゃらないのは、国会の質問権の侵害だと、わたくしは思います

憲法上、国会議員が要求すれば出席しなければならない、と書いてあるじゃないですか!

憲法に書いてあるんですよ。

そして、わたくしの質問時間は本当に、すべての国会議員がそうであるように大事です

これが今、こういうふうに出席しないことによって、

あるいは、与党がこういう横暴をすることによって、

わたくしたちの権利が侵害されていることに、強く抗議をいたします

(国民の権利の侵害!)


これは確かに国民の権利の侵害です

次回から必ず官房長官が出席されるように、

これはメディアの皆さんにも、国民の皆さんにも、申しあげたい

これだけ重要な法案に、要求してなぜ官房長官が来ないのか! 

官房長官、出て来い! と言いたいと思います。

これについて、強く抗議をし、次回から必ず官房長官が出席するように、

と申し上げ、「わかった」という西田さんの言葉を重く受け止めますよ!

……質問をいたします。」

********************
(転載終了)


画像

<秘密保護法案>森担当相ぶれる答弁…記者との接触規範巡り

毎日新聞 11月30日(土)7時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131130-00000011-mai-pol

 国家機密の漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案の国会審議が29日、森雅子同法案担当相の答弁を巡って紛糾した。秘密を扱う公務員と報道機関の接触に規範を設けるかどうかについて見解が二転三転。さらに現行の特別管理秘密を「各省ばらばらの基準」という森氏の説明を民主党が「虚偽答弁だ」と追及。野党側は菅義偉官房長官の出席を求め、参院国家安全保障特別委員会は約2時間中断した。たび重なる森氏の発言のぶれは、参院での拙速審議の危うさを際立たせている。【木下訓明、大迫麻記子】

 森氏は28日の特別委で、みんなの党の小野次郎氏が「公務員と報道関係者の接触は(国家公務員)倫理規程から除外されている。整備する必要があるか」とただしたのに対し、「漏えいを防止するために必要な事項について何らかの規範を設けることは重要だ。さまざまな観点から検討したい」と答弁した。

 ところが29日の記者会見では「『報道機関との間の』とは答えなかった」と一転。「倫理規範であっても、報道機関を萎縮させることについては、作るのは難しい」と28日の発言を翻した。さらに29日の特別委で民主党の福山哲郎氏からこの点を突かれ、森氏は再び迷走。「報道との接触も一つの観点だ」と先祖返りした発言まで飛び出した。

 森氏はこれまでも、報道機関への強制捜査の可能性や秘密指定の第三者機関の設置などで答弁が定まらず、批判を浴びている。福山氏は特定秘密保護法案がなぜ必要かという根本論にも踏み込んだ。

 福山氏「あなたは(特別管理秘密の管理が)省庁ごとにばらばらだから、この法律を作ると言っているが、統一基準はあるじゃないか。虚偽答弁をした」

 森氏「統一基準はあっても、管理責任者のランクは(省庁で)ばらばら。その現実を指摘した」

 福山氏「(答弁を)訂正するなら衆院の審議を全部やり直しだ」

 森氏「衆院審議でも(2007年策定の)『カウンターインテリジェンスの機能強化基本方針』があると答弁したが(管理は)各省でばらばらだ。統一基準を法律で決める必要がある」

 結局、両者の議論は最後までかみ合わず、福山氏は「その場その場で適当に答弁するのはやめた方がいい」と怒りをぶちまけた。

 そもそも森氏が秘密保護法案の答弁を担当しているのは、国家安全保障会議(日本版NSC)設置法を受け持った菅氏との分業だ。安倍晋三首相が森氏に指示した任期は法律施行まで。首相は27日の参院本会議で「審議でも法案に理解を得るべく努力している」と森氏をかばったが、29日の審議の紛糾は、野党側の森氏への不信感の裏返しだ。社民党の福島瑞穂氏は森氏を前に訴えた。「私は官房長官に聞きたい」

この記事へのトラックバック