「FRBから消えた9兆ドル」~米共和党議員による連銀監査長官への質疑中継(応答内容に驚く)

画像


日本や世界や宇宙の動向より転載

米連銀(FRB)から、9兆ドルものお金がどこかへ行ってしまいました。

この映像は最近UPされたものですが、共和党議員による連銀の監査長官に対する質疑の中継です。でも、これがいつ行われたのかは映像では分かりません。多分、最近のことではないでしょうか。それにしても、アメリカも日本と同じように、自分達に都合が悪いことは、テキトーな事を言って誤魔化すものですね。要するに、監査をすべき人が何も監査をしていないということです。また、知っている重要情報を隠しています。味方同士のお飾り監査員ばかりなのです。逃げの言いわけが世界共通ですから、おもしろいですね。過去数か月間で、連銀から9兆ドルものお金が秘密裏に消えているそうです。一体、そんな大金、どこに消えてしまったのでしょうか。もちろん、誠実な一般人には渡るわけもなく。。。。どうせイルミナティの強欲な連中にいきわたっているのでしょうけど。。。


Disclose.tv - $9,000,000,000,000 MISSING From The Federal Reserve - Audit the FED


http://www.disclose.tv/action/viewvideo/109255/9000000000000_MISSING_From_The_Federal_Reserve__Audit_the_FED/#ixzz22jBhDb1h
http://www.disclose.tv/action/viewvideo/109255/9000000000000_MISSING_From_The_Federal_Reserve__Audit_the_FED/#ixzz22jBhDb1h

(質疑の内容)
共和党アラン・グレイソン議員の米連銀のコールマン監査長官に対する質疑

グレイソン議員:連銀がなぜリーマン・ブラザーズの救済をしなかった調査しましたか。

コールマン監査長官:具体的にどのエリアの監査をしたかはコメントしません。しかし、リーマン・ブラザーズに関する調査は行っていません。。。

議員:では去年の9月以来、連銀のバランスシートに1兆ドル以上ものお金が消えていますが調査しましたか。

監査長官:我々は、貸付制度の様々な部分においてハイレベルなレビューを行っており、全てのプログラムの進
捗状況を調べ、なんらかのリスクがあるかどうかを確認しています。

議員:あなたは監査長官ですから、1兆ドル以上のお金がどこへ行ったのか調査したかどうかを訊いているのです。

監査長官:いえ、まだ調査結果は出ていません。

議員:それでは・・・ブルームバーグの報道によると、連銀は去年の9月以来、9兆円もの簿外取引を行ってきているとのことですが、このことについて何か知っていますか。

監査長官:・・・%#&▽■〇+×◎△~・・!#?・・・我々は、そのような連銀の特殊運用について調査する権限はありませんが、・・・・連銀の活動における過失、プログラムの過剰などを調査しています。

議員:ここにあなた方の正式文書のコピーがありますが、それには監査長官は連銀のプログラムや運用に関する監督、監査、調査を行う責任があると書かれています。それならば、どうして9兆円ものお金が動いたのかを調査するのはあなたではないですか。

監査長官:はい、我々は連銀のプログラムや運用を監査する責任があります。だれが9兆円の簿外取引を調査する責任があるかというと。。。ええと、先ほどの質問を繰り返してください。

議員:過去8か月間に行われた連銀による9兆ドルもの簿外取引について、どのような調査をしたのですか。

監査長官:ブルームバーグの記事をよく読んでみないと答えられません。

議員:そんなことを訊いているのではありません。あなたは何等かの調査をしたのですか。

監査長官:現在、ハイレベルの調査を行っており、そのような特定の件についての調査はまだ行っていません。ですから、その質問にお答えできる立場にはありません。

議員:去年の9月以来の連銀に対する訴訟について何か調査や監査はしたのですか。

監査長官:現在、調査中ですので調査結果が出るまではお答えできる立場ではありません。

議員:現在2兆ドルものポートフォリオとなった連銀に対する訴訟について、連銀ではだれも定期的に追跡していないのですか。

監査長官:我々は実際に連銀のプログラムを監査し、情報を得るまでは、訴訟が起きているのかどうかの判断はできません。

議員:議長、今、私は非常にショックを受けています。監査長官及び連銀の誰一人として、連銀に対する訴訟について知るものはいないのです。


▲日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51841832.html

この記事へのトラックバック