7/30:銀河連邦サルーサが告げる「8月4日」がディスクロージャーのデッドライン

画像


ふるやの森

サ・ルー・サ7/30:8月4日(土)がET/UFOディスクロージャーのデッドラインとなります

親愛なる皆さん。数多くのソースからお聞きのように、創造主の指示に基づく私たち地球外知的生命体の実在を発表するための行動は、もはやこれ以上の遅れを認めることなく実施すべき時点に達しています。私たちはこれまでに最大限の忍耐を持って皆さんの指導者たちに、皆さんをイルミナティーのコントロールから解放するステップを踏むための機会を無数に提供してきました。

彼らはまだ皆さんの多くが自分たちを恐れるようにさせておきたいと望んでいますが、真実が明らかになれば、そのような恐怖はもはや存続することはできません。オリンピックは世界中が注目する一種の窓というべきイベントであり、私たちの実在を公表する上でこれ以上に効果的な場面を私たちは考えることができません。時は見る見るうちに過ぎ去っていきます。そのために、私たちは今、自分たちを皆さんに知っていただける絶好の機会を見逃すことはできないのです。

いまだに私たちのメッセージを信じることを拒む人々もいますが、それもまた私たちが尊重してやまない自由意思の表れのひとつです。それでも、アセンションは今の終末の時代の最重要な課題であり、そのために数多くのするべき事が残されているために、私たちはもはやこれ以上待つことはできないのです。私たちの同盟者たちは期待できる最大限の前進を遂げていて、最終的な責任を果たすために、今以上に自由に活動する権限を必要としています。

そうすれば闇の勢力の妨害を受けることなくスピーディーに浄化のプロセスを短期間に進めることができます。すでに多くの人々が備えていますが、これからの皆さんの生活はこれまでとは正反対に逆転していきます。私たちは皆さんの指導者たちが私たちの勧告に耳を傾けることを願っています。私たちが干渉に踏み込む前に・・それでも、そうすることが必要となる事態に私たちは完全に備えて待機をしています。

これからの期間は光の勢力がその本領を発揮して、私たちの祝福を受けながら大きく前進を果たしていくことになります。彼らは、闇の勢力から主導権を取り去って、皆さんを新しい時代へ導いていくことになります。 皆さんに残されたわずかな自由にさえ規制を加えようとするいかなる目論見も私たちは許すことなく粉砕したいと願っています。皆さん光のソウルたちは、今起きている事態を克服する使命を持って地球に生まれてきているのです。これまで皆さんの前には崩壊し始めた組織の高い地位にある者たちがひしめいていて、皆さんは誰を信用してよいのかわからずにきました。そのような事態は変えていかなければなりません。そのために私たちは皆さんを援助したいと願っています。私たちには、誰が光の勢力に属していて、誰が正直で、心から他者の福利に奉仕しようとしているかは、一目瞭然だからです。

これまで何年間にもわたって、皆さんの期待がさまざまな理由で実現しなかったことで、皆さんの落胆が続いてきたことは良く存じています。しかし、今私たちは創造主に力づけられてアクションを起こそうとしています。オリンピックという絶好の舞台を選んで、私たちが自分たちの実在を発表して、皆さんの進化に役割を果たすことを妨げる理由はもはやどこにも存在しないのです。このサイクルの最終がそれ自体歴史的なイベントであることは、宇宙全体を通して長い間言い伝えられてきたことです。これまで何度もお伝えしてきたように、皆さんの母なる地球のアセンションは宇宙でもユニークなイベントとして注目されているのです。皆さんの約束された成功は宇宙全体のこれからの未来を決定すると共に、これからの皆さんのアセンションを数多くの文明が驚異と畏敬の眼差しで見守っているのです。

今回のイベントにすでに皆さんは備えてきていますが、それでも世界規模に広がる壮大な変化のプロセスには目を見張る思いで接することになるでしょう。誰一人として、これからのイベントに巻きこまれることも、福利を得ることもない者はいません。創造主のなさる業に誤りはなく、すべては完全に計画されています。したがって皆さんは、結果としてすべての人々が置かれるべき最適な位置を占めることになることを確信していてください。皆さんは現在ある地点に到達するまでに長い道のりを旅してきました。そして皆さんのこれからの道のりも、進化の新しい局面における、これまでの継続となります。多くのスピリチュアルな存在が皆さんが知る以上に皆さんの旅を理解していることを信じてください。そして皆さんはこれからの進化の旅を皆さんに最もふさわしいスタイルで続けていくことになるのです。

ライトワーカーの皆さんは、周囲の人々を落ち着かせて起きていることを恐れないようにさせることができます。まだ今の段階では私たちは十分に情報をお伝えできませんが、これからすぐ私たちは自分たちの施設を使って自由に皆さんに直接メッセージをお伝えできるようになります。私たちにとって時代遅れに見える皆さんの通信施設の代わりに、私たちは誰にも妨害されることのない私たち独自の通信方法で皆さんと交流したいと願っています。私たちは皆さんの実態をよくつかんでいますから、皆さんによくわかるように詳細をお伝えするメッセージの記録を用意してあります。私たちは皆さんにお会いできる最終段階をとても楽しみにしていますが、先ず最初の段階では自分たちの実在を皆さんに理解していただくことが最重要だと考えています。

そうすることで、これまで私たちが公にすることもなく、皆さんの文明を支援してきた数多くの活動を続けてきたことが理解いただけると考えています。私たちの活動の歴史は、皆さんが地球上でくり返してきた何千年もの転生にさかのぼるものです。そしてこれまでの皆さんの転生のすべては、皆さんのスピリチュアルな進化を促進してこれから皆さんが戻る高次元への移行に備えるための体験の一部だったのです。このことを心に留めておいてください。皆さんは自分で志願して、この地球に生まれてきました。そして二元性に関わる体験の提供する数多くの機会に恵まれてきたのです。そこにこそ皆さんの偉大さがあります。 そして皆さんはよく自分の課題を克服してすばらしい達成を果たすことができたのです。もう皆さんは同じ体験をくり返す必要がありません。自分でそうしたいと望まない限り・・

皆さんはすでに異なるタイムラインの機能について良く理解しています。そして多くの異なる次元についても・・すべては皆さんに最適なタイミングで現実化していくのです。それでも皆さんにお話しておきたいのは、過去のすべてのものがあるレベルに今も実在しているということです。そのために皆さんは過去のどの時代にも戻って過去生を体験し直すことができるのです。もちろん、皆さんは未来へ移動してすべての可能性を目撃することもできます。多くの予言者が未来を予言したのもそのためですが、未来は固定したものではなく変化させることができるのです。そのために私たちは皆さんに破滅的な予言を恐れすぎないように警告してきました。時が過ぎるにつれて、予言された未来も変化していくからです。 その証拠に、現在の皆さんのタイムラインの未来にはもはや予言されてきたほどの破滅的なイベントは存在しないのです。皆さんは母なる地球と共に自分たち自身を上昇させてきました。そして内側の光が成長することによって、平和的な次元上昇への道を切り開いたのです。


私はシリウスのサ・ルー・サ、

多くの皆さんがご存知のように、これからの1週間は皆さんの指導者たちにとって、私たちの要請に応える最後のチャンスとなっています。もし彼らが私たちの要請を無視するのであれば、私たちは自分たち自身で地球外知的生命体の実在を、もはや否定したり隠したりする余地のないやり方で明らかにするつもりでいます。

最終的な期限は8月4日土曜日と決まっています。その後、私たちはすべての事態を自分たちの主導権の下で進めていくことになります。

ありがとう、サ・ルー・サ
(マイク・クエンシー)

SaLuSa 30-July-2012

▲ふるやの森
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/e759b7478ac8e1c72862add1de58cffb?fm=rss


画像



マイク・クエンシー7/30:サ・ルー・サ7/30が伝えていること

親愛なる皆さん

今日、7月30日にチャネルしたサ・ルー・サのメッセージで言及されているディスクロージャーについて私がどう感じているかという個人的な見解をお伝えしたいと思います。

そうすることで、現在紛糾を集めている数々の疑問に答えると共に、これから予測されているイベントの背景をより深く理解する手がかりとなると期待できるからです。

当然、私は今日チャネルしたメッセージの内容をよく読み直してみました。もし、これまでのメッセージで伝えられてきたディスクロージャーとの関連性がそこにないとすれば、メッセージの信ぴょう性を疑わなければならないと考えたからです。

私の達した結論は、今回のメッセージの信ぴょう性は極めて高いもので、それが本物であると確信できるということでした。

メッセージをチャネルした直後は、その内容に衝撃を受けて混乱を感じましたが、7月30日のサ・ルー・サからのメッセージが今開催されているロンドンオリンピックに重大なフォーカスを置いていることは明らかです。

さらに、スカイ・TVの開会式の報道に花火を背景としてスペースシップが飛行している姿が撮影されたことも決して偶然ではないと考えられます。

さらに、ロンドンオリンピックの背後に高次元の計画があるという別のメッセージからも、グレイト・ブリテン島が母なる地球のハートチャクラに相応することを思い起こさせるものです。

結果として何が起きようと、光がますます強く私たちに注がれることになると私は信じています。さらに、オリンピックに干渉しようとする闇の勢力の策略に対する強力な保護がなされていると感じています。そして彼らがディスクロージャーを人々の目前で実行する機会を逃すことは決してないと信じています。

発表された8月4日というディスクロージャーのデッドラインが変更されるのは、創造主の指示による場合だけですが、その予告は「石に書かれている」わけではないので、100パーセントの保証をすることはできません。

サ・ルー・サは、「8月4日がディスクロージャーのデッドラインとなる」というメッセージの中に、上の意味を含めて発信しています。8月は必要な変化を起こす時期の1つとして計画されています。闇の勢力もまた、人々の関心が集まる8月4日という日付を利用して、地球制UFOやホログラフィー映写を使ったニセ異星人侵略をねつ造する陰謀を準備するでしょう。

しかし、そのような陰謀が許される環境はもはや存在しないことを、私たちは知っておく必要があります。一方では、たとえそのような陰謀が実行されたとしても、それがイルミナティーによる「偽旗作戦」であることを、すべての人々に暴露する活動が行われるにちがいありません。いずれにしても、UFO/ETの実在はもはや隠しようのない真実であり、指導者の誰かが前に出て要請に応えて真相を公開することを私は願っています。

この点で私個人は、オバマ大統領がディスクロージャーの先頭に立って世界の残りの国々をリードすることを願っています。彼が光の勢力であることを私は確信しているからです。

これから私たちが迎える日々は、期待と興奮に満ちた毎日になるでしょう。その期待が実現して、私たち人類が大きな飛躍的前進を果たすことを願ってやみません。

愛と光をこめて・・  マイク・クエンシー

A Special Message from Mike Quinsey: SaLuSa – July 30, 2012
ふるやの森










この記事へのトラックバック