原発短信  原発の近況など~武田邦彦教授のブログより転載

国がデータを隠しているので、いろいろな憶測が乱れ飛んでいますが、私は今、次のように見ています. 1. 福島原発は異常な状態ながら安定していて、徐々に放射性物質の漏洩も少なくなっていく.もう少し我慢する。 2. 爆発の可能性はまだあるけれど、それほど危険ではない。しかし、今、被ばくを避けておけば、万が一の時…

続きを読むread more

原発深層流002 危険な原発? 安全委員会速記録(1)/武田邦彦教授のブログより転載

(原発を抱えている日本の親の責任として知っておかなければならないことでもあります。) 日本には、原発の「安全」を守るために「原子力安全委員会」という組織があります。 その安全委員会が数年前(平成18年の9月ですが)に、いかめしい書類「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」というのを出しています。 簡単に…

続きを読むread more

原発深層流001 信用できる人、できない人 その1~武田邦彦教授のブログより転載

福島原発の事故から1ヶ月が経ちました. 放射性物質は「半減期」というのがありますから、原発の西北や南の近い場所を除いて、これまでなら普通の生活に戻れるところですが、事故後の処理に手間取っているので、連休明けに向けて準備をする期間です. とりあえず、汚染された身の回りのものや部屋を綺麗にしておくことで、念のため洋服など…

続きを読むread more

◆ 日本からアセンションが始まる・放射能対策について・麻(ヘンプ)関係のイベント予定

M&S研究所「弥栄(イヤサカ)の会」メルマガより転載                 (編集人やしろたかひろ氏) ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ◆ 日本からアセンションが始まる!                     ― やしろたかひろ ─────────────────────…

続きを読むread more

「産・官・学の“原子力行政」という記事

内部告発も揉み消す経産省、原子力保安院との黒い癒着             (週刊文春 2011年3月31日号掲載) 転載はじめ 「原子力行政には産・官・学の“鉄の三角形”があると言われています。1つは東電を始めとする電力会社。2つ目は、それを監督する経済産業省の原子力安全・保安院や内閣府の原子力委員会などの行政機関…

続きを読むread more

福島原発に何が起きているのか 武田邦彦氏 (2011.3.30動画)

武田邦彦先生のブログより転載記事 原発 憲法23条違反が多くの人を危険にする 学問の危機である.そして「学問」が直接、国民の健康を脅かそうとしている。 福島の教職員が子供を守るために立ち上がることができず、教育委員会が「国が安全と言っているから」という一点張りの考えに押され、児童生徒を初期被曝から守れなかったよ…

続きを読むread more

「原発から20キロ圏内に立ち入れなくする法律を政府が急に作ると言い出している」-副島隆彦氏

このブログ“ほんとうがいちばん”の4/2の記事、原発、副島隆彦さんの命がけのご報告(2011.3/31~4/1)をお読みでない方は、こちらから読まれた方がいいかと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・ 副島隆彦の学問道場 <重たい気持ちで書く掲示板より記事転載> 緊急です。福島第一原発の20キロ圏の住民までも…

続きを読むread more

原子力発電所における秘密~隠された被曝労働:日本の原発労働者

昨年、(調査報告/原子力発電所における秘密~スペインの新聞)という記事と出逢った。 以下のような内容に、かなりの衝撃を受けた。 ・常に7万人以上が、全国9電力の発電所と52の原子炉で働いている。 ・発電所は、技術職には自社の従業員を雇用しているが、従業員の90%以上が、社会で最も恵まれない層に属する、一時雇用の、知識を持た…

続きを読むread more

原発 緊急情報(47) 汚染・6日に日本全土に拡がる怖れ(武田教授)

ドイツの気象サービス及びノルウェーの発表では、4月5日から7日にかけて、福島原発からの風が一旦、南に行き、四国・九州にまで南下し、そこからさらに偏西風で日本列島を縦断して、北海道に達する上ると予想されています。 この図はドイツ気象サービス(DWD)のシミュレーションで、日本で4月6日頃にあたります(あまり時間は厳密に考えない方が良…

続きを読むread more